• 商品数:0点
  • 小計:0円
カゴの中を見る
ラグ選びのためのヒント
営業日カレンダー
2019年12月の営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2020年1月の営業日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
※赤字で書かれた日はメールの返信や出荷作業はお休みです。

TOP > 選ぶ際の注意点

ラグを選ぶ際の注意点について

色んなラグが販売されていますが、その中でもどのラグを選ぶか、迷う事はありますよね?ここでは、ラグを選ぶ際の注意点について記述しようと思います。

犬や猫を飼っている場合

例えば、室内に犬や猫を飼っている場合、犬や猫の抜け毛が気になりますよね?そう言った場合は毛足の長いラグは避けて、毛足の短いラグで、粘着式のカーペットクリーナー(通称コロコロ)で直ぐに、動物の毛を掃除出来るものがいいですね。また、綿ホコリ等も毛足の短いものならラグの毛足を傷つけずにカーペットクリーナーで気軽に掃除する事が出来、清潔にラグをお使い出来るかと思います。

また、人が集まる所ではどうでしょう?恐らく、痛みが激しくなりますね。ということは丈夫な商品や、へたりが少ないものを選ぶでしょう。そして何より、掃除がし易い製品を選ぶでしょう。その為には「撥水加工」「防汚加工」がしてあるラグがいいでしょう。

これは、ダイニングのラグにも共通して言える事です。ダイニングでは小さなお子様が居るご家庭ではお子様がモノをこぼす等日常茶飯事です。その処理を楽にするため、また床に近い所で過ごすお子様が清潔に過ごせる様にする為にも「撥水加工」「防汚加工」は必要でしょう。

子供部屋に使うラグ

子供部屋に使うラグに関しましては、出来るだけ滑り止めのついたもの、そして防音効果の高い、厚めのラグ等がいいでしょう。子供は走り回るものです。その為にも、ラグで滑らない様に滑り止めがついたものを、また、走り回る音が階下に響かないよう防音効果の強い厚めのラグを使用するのがいいでしょう。滑り止めがついていないラグでも、別売りで滑り止めネットというものが市販されていますので、こういったものを活用するのもいいかもしれません。

お一人暮らしの方のラグ選びは、ご家庭をもったお家のラグ選び程、気にかける事はあまりありませんが、「撥水加工」「防汚加工」はされていた方が、実際使用している際にラグの上でコーヒーをうっかりこぼしてしまった等と言う場面でも楽でしょう。

ご家庭のあるお家のラグ選びは基本的に小さなお子様が居る場合は、毛足が短くて掃除のし易いものを。お一人暮らしの場合は、インテリアと、ご自身の好みに合わせて毛足が長いものを選んでもいいかもしれません。一つ、注意しておきたい点は、お一人暮らしの場合、ラグを干せるベランダや大きな窓があるかどうかです。ラグはホコリがどうしても溜まってきます。最低でも年に何度かは陰干しをしたいですね。その方が清潔で、ふかふかなラグを長く楽しめると思います。ラグを干す様な場所がない場合、小さめのラグで、ご自身のお部屋の窓等から何とか干せる様なものをお選びいただいた方がいいかもしれません。